大好きな人が大好きなグループを卒業する

飯窪春菜さんが今年の秋ツアーをもってモーニング娘。'18を卒業します。

 

f:id:bigviptop117:20180818225004j:image

 

私はモーニング娘。のグループが好きになってから数年間、10期好きだな〜という気持ちはありましたが、誰か1人のメンバーを好きになることがありませんでした。

モーニング娘。が好きな方に「誰が好きなんですか?」と言われると「まだ決まってなくて…」と毎回言っていました。

そこで、去年参加したイベントで私の前に立っていた方に「誰かオススメのメンバーいますか?」と勇気を出して言ってみた時に「飯窪さん、いいですよ」とお勧めされたのがすべてのはじまりでした。

あの日、イベントの後にYouTubeで観た

時空を超え 宇宙を超え

https://youtu.be/wCPZTjqvN0Q

f:id:bigviptop117:20180818225859p:image

凛としてるのにどこか寂しそうで儚くて。

この姿見た瞬間に、あっ、この人だ。

さっきイベントでお会いしたあの人みたいに、堂々と「飯窪春菜さんが好きです」と言いたいと思いました。

 

飯窪春菜さんが好きです」と大きな声で言えるようになってからの日々はとても輝いていました。

お洒落な私服や丁寧な言葉遣い、社交性に憧れ、地団駄を踏んでぷんすか怒ってる所を見てかわいいなと思い、涙を流す姿を見てもらい泣きし、困ってるメンバーの隣で大丈夫だよと微笑み頷く姿を見て頼もしく思い、コロコロと変わる表情にドキドキし、メキメキと成長するパフォーマンスに胸がときめき、センターで踊る姿に心打たれ、毎日「好き」という気持ちが大きくなっていきました。飯窪さんみたいなキラキラした女性になりたいと毎日を頑張れるようになりました。

 

飯窪さんが好きだと言っていたゲームをやってみたり、漫画を読んでみたり、飯窪さんが着ていた服を着てみたり、色んな人と話をして話を聞いて、自分の行きたい所へフットワーク軽く行って私の人生も少しではあるけれどいい方向に変化していきました。

 

私は飯窪春菜さんという1人の人間が大好きです。でもそれ以上に「モーニング娘。に所属する」飯窪春菜さんが大好きなんだと思います。

もちろん、ソロ活動をする飯窪春菜さんも全力で応援したいしこれからどんな道を切り拓いていくのかとてもとても楽しみではあるんです。

 

大好きなグループの大好きな曲を大好きな人が歌う喜びが無くなっていく喪失感。

「最後の○○」が積み重なる日々。

モーニング娘。'18飯窪春菜」と記載されるのはあと4か月。

 

この事実が一気に押し寄せて潰されそうなだけなんです。あまりにも急すぎて、状況を飲み込めてないんです。本当にごめんなさい。

ただ今言えることは、寂しい。悔しい。

 

飯窪さんは常に「今」が最高なんです。

だから、モーニング娘。飯窪春菜さんをもっともっと色んな人に見てもらいたい、過去にしたくないんです。

 

今の気持ちを全部語りました。

本当にまとまってないですけど、推敲を重ねて飯窪さんの卒業の日までにはきちんとしたブログになっていたいと思います。

ジャニーズWESTファンがモー娘。のコンサートに行ったらめちゃくちゃ楽しかった話。

ジャニーズWEST(濵田崇裕担)兼モーニング娘。'18(飯窪春菜横山玲奈推し)の私…

 

ついに

先日三重県総合文化センターで開催されたモーニング娘。'18のコンサートに行って来ました!ひとりで!(悲しい)娘。コン初参戦!

 

 

'14の時代からちょこちょこ気になりはじめ、'16の時に自ら沼落ち。それからライビュやリリイベなどは参加したことがあるものの身近に一緒にコンサートに行ってくれるようなヲタ友がいない事などからコンサートに行くのをずっと躊躇ってたのです…がバイトの連勤に疲れた所為なのか勢いだけで奇跡的にチケットを購入。購入したのはいいけれども、所詮女性アイドルのコンサート、そして1人での参加ということでかなり身構えていましたが、

 

 

結論から言うとめちゃくちゃ楽しかった。

 

 

ということでこの世にごまんとあるでしょう「ジャニヲタが他のアイドル現場行ってきためちゃ楽しかった」ブログを私も書きたい!!と思い、余韻が冷めないうちに書き綴りたいと思います。

 

グッズ

私自身そこまでグッズのコレクションに熱があるわけでは無いので最低限ペンライトさえあればいいかな…という感じでグッズ売り場に行きました。夜公演だったので開演1時間前ほどに到着しましたが、6月に卒業予定の尾形春水ちゃんのソログッズ以外は基本残っていて安心しました(正月に関ジュコンで地獄を見た人間(白目))

グッズのデザインは正直オシャレで可愛いとは言い切れませんが何と言ってもメンバーのビジュアルが良い…!

写真やポスターが豊富でどれも可愛くて(真莉愛)とっても嬉しかったです!

f:id:bigviptop117:20180430234119j:image

(たまたま同じポーズで嬉しくて購入)

また、今回グッズにうちわがあってすごく欲しかったのですが、おひとつ1000円というのがジャニヲタ文化的に衝撃で(ジャニーズは600円)手が出せなかったのが後悔です……

ちなみにペンライトは公式のものだとおひとつ3800円でしたが、公式以外は持ち込み禁止などではなく、扇型や極端に長いもの、光が強すぎるものでなければ基本なんでもOKとのことでしたが、折角の記念ですし、ハニー色とゴールデンイエロー違う方が良い…!と意識高めのイエロー担のプライドから購入しました。

メンバーごとのソログッズの種類が豊富でソロセットなるものもあったので予め詳細を見ておくことをお勧めしておきます!

また、グッズ売り場の外ではファン同士でグッズ交換会なるものも開催されていてなんて優しい世界なんだ…と感動しました。(基本転売おじさんかお譲り求めのお姉さんが多いジャニーズ現場)

 

ファン

女性アイドルのファンっておじさんばっかりじゃ無いの…?と不安になっていましたが正直全然そんな事無かったです!!女性率の高さに驚きを隠せませんでした。また、女性で1人参戦って方や学生の方も案外いて浮かずに楽しめました。

あとびっくりしたのがファンの方が思い思いに楽しんでいるところ!もちろんソロパートでメンバーの名前を叫んだりするお決まりのコールなどはありましたがずっと踊っている人やメンバーをじっと見つめている人、ジャンプをする人にメンバーの名前を叫ぶ人などファンの方の楽しみ方も人それぞれ。初めてだから置いてかれないかな…と不安でしたが、そんな考えは初めからいらなかった。楽しむのみでした。

また、娘。のコールは基本「ウォイ!」と「メンバーの名前を叫ぶ」この2つで他の女性アイドル現場でよくあるようなコールが無かったのが個人的な驚きでした。

 

ライブ

言うまでもなくめちゃくちゃ楽しかったです!!!!!!!!!キレのあるダンスや迫力ある歌声(もちろん生歌)、年々磨きがかかっていくフォーメーションダンスに夢中になりました!メンバーみんな可愛くてかっこよくて正直目が足りなかったです。またアニバーサリーコンサートということもあってセットリストが豪華!盛り上がる曲の連続で休む暇なく最初から最後まで楽しめました!本当に楽しかった!これに尽きる!

 

メンバー

今現在メンバーは13人いるのですが、まず、推しでもある飯窪春菜ちゃん横山玲奈ちゃんの2人について語らせてください。

生で見た1番の感想としては

分かっていたけど顔が良い。

3階席だったため、表情などはほぼスクリーンで確認していたのですが、2人とも抜かれるたびにハッとするような良い表情をしていて何度も心臓撃ち抜かれました。スクリーン映えしてました。

また、この2人はどちらかというとタイプが似てるようで似てない2人だと思っていて。

飯窪春菜ちゃんはここ数年で歌、ダンス共に成長が凄ましい印象がありましたが、ダンスが本当上手い…!手足の長さを十分に活かしたダンスでかなりの存在感を発揮していました!歌声も安定していて本当に神がかったパフォーマンスでした。

横山玲奈ちゃんは2年目とは思えないくらいパフォーマンスに安定感がありました。あのモーニング娘。の歌もダンスも涼しい顔でこなし、安定している。恐ろしい……

正直、横山玲奈ちゃんのことを妹や姪っ子をを見ているような、「よこやん、頑張れ…!」という気持ちで応援してたのですが、生でパフォーマンスを見てそんなこと恐れ多い…と感じるくらい堂々としたパフォーマンスが印象的でした。何度かセンターになる場面もありましたが、「私がセンター!私を見て!」と言わんばかりのパフォーマンスに胸が熱くなり泣きそうになりました。

また、2人が煽り担当だったり意外とシンメになる事が多くて(真莉愛)とっても嬉しかったです……

 

その他のメンバーの感想を勝手に書くと

譜久村聖ちゃん→おしとやかな聖母と思っていたけれど迫力がすごい…!!流石リーダー。おじさんに名前を叫ばれがち。

生田衣梨奈ちゃん→#えりぽんかわいい も納得の美しさ。発光してました。喋り方がめちゃくちゃかわいい。

石田亜佑美ちゃん→ダンスのキレがすごい!!!!見ていて本当に気持ちいい!!あと節々に感じる「だーいし感」が本当にツボでした。

佐藤優樹ちゃん→個性が抜きん出てるというか、まーちゃんが歌い始めた時の会場の期待と高揚感…のさらに上を行くパフォーマンスに目が離せなかったです…!

小田さくらちゃん分かっていたけれど改めて感じる歌唱力。流石アイドル界トップとも言われる歌姫。それに加えてダンスのキレも凄くてあなたはそれ以上どこまで行かれてしまうのか…と魅力底知れずでさらに好きになりました。

尾形春水ちゃん→色白っ!!透けてる…!かわいい!の三拍子の連続。大阪方面から来ているファンも多かったのか(私もその1人)尾形春水凱旋公演(仮)くらいのファンの多さ!!はーちんコールがよく目立っていたような気がしました。

野中美希ちゃん→次の舞台の影響か少しクールな雰囲気でこれもまた素敵…!What Is Love?の工藤遥ちゃんからの引き継ぎパートが素敵でした。かっこいい。MCもかなり面白くて芸達者だなぁ、と感じました。

牧野真莉愛ちゃん飯窪春菜ちゃん、横山玲奈ちゃん同様スクリーンに映える映える!!表情が素敵!ウインクのタイミングがばっちり!また、長身を活かした思いっきりのいいダンスが本当に見ていて楽しかったです!

羽賀朱音ちゃん→台詞パートすごく上手でびっくりしました…!歌声も安定してて良かったです!あかねちん、ええやん…ってなりました(笑)

加賀楓ちゃん→手足が長い!!!スタイルを活かしたダンスがとっても良かった!真莉愛ちゃんとペアになって踊ってた時の次世代の幕開け感が凄かった。

 

と、この辺で3000文字を超えてしまっているので次はジャニーズのコンサートとの相違点やジャニーズWESTのコンサートによく行く私がモーニング娘。'18のコンサートもめちゃくちゃ楽しめた理由なんかを語っていけたらいきたいです〜〜!(予定)

アイドルグループの限界

春は出会いの季節でもありますが、別れの季節でもあります。

2018年の春にアンジュルムリーダー和田彩花さんのグループ卒業、そして関ジャニ∞渋谷すばるさんの事務所脱退が発表され、世間に衝撃をもたらしました。

 

和田さんは仲間と創り上げていったグループを卒業して、1人のアイドルとしてステージで歌い踊り続ける為に。そしてすばるくんは半ばを過ぎた自分の人生を自分の責任で音楽活動をして歩みたいという思いから。

そもそもアイドルグループは歌って踊って音楽活動がメインであるのにも関わらず、なぜ2人はグループを抜ける決断をしたのでしょうか。

 

卒業を発表した直後の和田さんのブログにこんなことが書いてありました。

 

グループで夢を見続けること、
それは大前提である「それぞれの人生」をある程度否定することでもあります。
周りで様々な卒業が続く中、自分が多く言ってきた言葉です。まるで、その言葉で自分を納得させるように。


「それぞれの人生」
そんな当たり前の大前提に自分自身が素直になれなかったのです。
好きでここにいるのにいつかそれぞれの道へなんて前提のもとで活動する意味とは。
私には理解しがたい。


だからきっと自分はグループにいることで「それぞれの人生」ではない夢を追いかけ、それがそれぞれの人生、私の人生なのだと思ってました。 

 

これからも続けていこうと意気込んでいたわけ。みんなで追いかけようとした夢、もしかしたらアンジュルムなら可能では?そんな期待を自ら抱いていました。夢をちらつかせながら結局自分で崩してしまうのか。そんな自分に悲しくもなりました。


自分の求める形は理想化されただけの夢見心地だったのでしょう。
そんなことにはやく気づけばよかったのでしょうか。いや、それさえも気づかなければこの先うまくやれていたでしょうか。
いつしか描かれた未来予想図の通りであればこんなに悩むこともなかったのです。


だけど私をそこまでさせるほどの魅力が、可能性がこのグループにあります。    

 

もしかしたらすばるくんも和田さんと同じ感情だったかもしれないです。自分の本当にやりたいことが見つかった。でも、それはアイドルグループに所属している身としては一生出来ないことなんだと言い聞かせて必死に蓋をしてきた。でも、アイドルという枠組みを越えて音楽活動の幅を広げ始めた関ジャニ∞。もしかしたら…今なら…この7人で自分自身の夢も追いかけられるのではないか…?と。

でもそれはグループの目標ではなくて自分自身の目標であって。それをグループの目標だと押し付けることは出来ない。メンバーを巻き込むことは出来ない。それは我儘でしかないんだと。

それならば、自分の責任で、一から、人生を1人で歩んで行こうと決めたのかもしれないと勝手に推測しています。

 

勿論、すばるくんと和田さんは事務所、性別、境遇など重なる点があまりないことは確かですが、でもこのブログを読んだ時にふとすばるくんも…と思ってしまいました。

 

「アイドル」は「夢を売る職業」とよく言いますが、一体それは誰の夢なんでしょうか?

 

タレント自身の夢?私たちファンの夢? 

 

タレント達は「夢」によって「それぞれの人生」を犠牲にして、本当の「夢」を否定し続けることになる。アイドル活動=「夢」だというアイドルの鑑のようなタレントもいますが、全員が全員そうとは限りません。

私たちファンも知っているのは表の顔のみで、思い描く「夢」もただの幻想でしかないかもしれません。

裏の顔なんてスキャンダルなどが出ない限りほとんど知る由も無い。

 

また、グループとなると利益、責任、損害が何倍にもなって返ってきます。

やはり、アイドルグループという枠組みの中で「それぞれの人生」を歩むということには限界があると思いました。

学業、方向性の違い、ソロ活動、自由恋愛、不祥事など…「それぞれの人生」といえど、世間的に良いことから悪いことまで色んな種類があります。

 

自分の人生を犠牲にし続けてきたアイドルが1人の人間としてそれぞれの人生を生きるということは大きな決断だと思います。

 

渋谷すばるさん、和田彩花さんのお二方のパフォーマンスが好きな身としては残りわずかなアイドル活動を目に焼き付けて、さらに「それぞれの人生」へと羽ばたいて欲しいと思います。

 

皆さまへ | アンジュルム 和田彩花オフィシャルブログ「あや著」Powered by Ameba

夢の最終の列車に乗る

モーニング娘。'17、10期メンバーの工藤遥ちゃんが卒業を発表しました。

f:id:bigviptop117:20170430134555j:image

 

私はどぅーのモベキマスの「もしも…」を歌う姿に心臓を一撃されてから10期のファンになりました。

 https://youtu.be/MteQwVrLZkE

 

 

まさかどぅーが卒業するとは思わなかった。

 

 

 思い返せばどぅーは色んな顔を見せてくれました。

工藤遥ちゃんは最初、触れてはいけない人形みたいに儚い(しかし生意気な)美少女で。

f:id:bigviptop117:20170430212839j:image

そんな女の子が髪をショートカットにして次第に(若干の中二病の)少年キャラに

 f:id:bigviptop117:20170430214007j:image

 

 

 

音楽番組に出演すると、「モー娘。のショートの子可愛い」とネットで騒がれ、寝起きドッキリではA○Bのネタ(笑)を雑に丸パクリ、ドッキリではキレて号泣、テレビではいつもLOVEマシーン後生まれの話と(最年少だった時は)中澤大先輩との年齢トークをしていて、明石家さんまさんには黒歴史黒歴史といじられて。

 

生意気だった女の子は、モー娘。メンバーだけでなくハロプロメンバーに慕われる可愛くてかっこいいお姉さんになりました。

 

そんなどぅーが卒業。

OMWのセンターや王子様みたいなミスムンもセクシーキャットもLOVELOVE…MEDO!ってピョコンって出てくる所もイケメンなIs it necessary ?も最後のLOVEマシーンも10期4人ではしゃいでる姿やふくどぅーバースデーイベントやAAAとの絡みもあと半年で見られなくなります。

 

 

去年の誕生日からブログに番号が打たれたり、新メンバーがどぅーとキャラ被りの埼玉県出身とショートカットの2人だったり(教育係はどぅー)、まーちゃんが急に活動再開したり、どぅーがセンターの写真が増えたりしていつか終わってしまう日が来るのかなって不安になっていましたが、現実になってしまうと正直めっちゃくちゃ寂しいです。
一般の人からも受けがいい彼女だったから、
学園ドラマに出演してそれからモーニング娘。も人気になって…っていう未来やまーどぅーでモー娘。を率いる未来を勝手に想像していたから余計に寂しいです。

 

なぜ彼女はモー娘。を卒業するのでしょうか?

モー娘。で女優業をするのは失礼なのでしょうか?

道重さゆみさんや田中れいなさん、鈴木香音さんや飯窪春菜さんはバラエティにもよく出ていたし久住小春さんはソロ活動と両立していたしjuice=juiceはメンバー全員でドラマに出ていたし、舞台やドラマや映画に出演しながらアイドルは出来ないのでしょうか。

モーニング娘。」「アイドル」の工藤遥を見られなくなるのがとても寂しいのです。

アイドルとしての魅力や可能性もまだまだたくさんあるから悲しいのです。

 

 工藤遥ちゃんは女優という夢の最終列車に乗りました。10代で新たな道を選ぶのは凄いと思います。自分の気持ちがいつ落ち着くか分からないし、どぅーがいないモーニング娘。をきちんと見られるか分からないけれど、どぅーの進むべき道がキラキラと輝く為に。これからは"女優"としての工藤遥ちゃんを応援したいと思います。

君は夢に架かるヒカリ

大好きなジャニーズWESTがデビューして3年経ちました。

 

私は元々Jr.時代7WESTかっこいいなぁ。Jr.の中だったら1番だなぁ。という軽い気持ちでしか見ていなくて、その頃は当時の自担に夢中でした。しかし、あの衝撃の大晦日。そして2/5。

悲しい思いをしたり嬉しい思いをしたり…状況が目まぐるしく変わっていきました。

本当にデビューするのかな….? とまで思いました。

 

でも、彼らはしっかり胸を張って「ええじゃないか」でデビューしました。

笑顔でカメラアピールをし、無邪気に歌い踊る7人を見て心の底から「デビューおめでとう」と思いました。 

f:id:bigviptop117:20180522033608j:image

 

当時、新しい環境に飛び込んで辛い事ばかりだった私を救ってくれたのはこの7人です。

逆境を乗り越えて、色んな思いを抱えて、7人で一歩一歩確実に前へ進んでいる彼らに何度も何度も救われました。歌やダンス、コンサートやバラエティだったりラジオ、雑誌などたくさんの所でたくさんの元気を貰いました。

 

デビューして3年経った今、Jr.時代のハングリー精神を忘れずに、でも肩の力が抜けてきて勢いがあるグループになっています。

これからアクセル全開にしてトップまで突き進んでいく時期です。

私はこの輝かしい7つの光にどうしても追いつきたい。しがみついていたい。

でも、そんな私の我儘に構うことなくただ前だけを見て全力疾走してほしいです。

頑張って必死で追いつきます。

後ろから応援しています。

 

私もまた、新しい環境に飛び込みました。

いつか、あなた達みたいに輝かしい光になれるように頑張ります。